肝機能障害の進行を食い止める|早期発見で改善

男性

自覚症状が現れにくい

老夫婦

自覚症状が現れにくい肝機能障害は、早期発見するために体に異常を感じていなくても定期的に検査を受けることが重要だと考えられています。肝機能障害を起こす原因としては活性酸素の存在が挙げられます。そのため、予防するには抗酸化作用を持つ食品を多く摂取するのが効果的です。

Read More

肝機能を正常に保つ為に

錠剤

肝機能障害を予防するために、サプリメントの摂取が推奨されてます。肝臓を守る効果のあるサプリメントや肝機能を高めるサプリメント等があるので、自分のライフスタイルに合わせて選び、日常的に摂取することが予防に効果的です。

Read More

有効成分をサプリで供給

錠剤

オルニチンが代表格

肝機能障害には進行してからでないと自覚症状が出にくいという特徴があります。そのため、肝機能障害の兆候を示す数値が健康診断などで出たときには、早めに対策を取ることが必要です。肝機能を改善する作用を持つサプリメントなどを摂るのも対策のひとつとして有効です。肝機能を改善して肝機能障害の進行を防ぐには、シジミに含まれるオルニチンなどが効果的です。最近は肝機能障害対策専用のサプリメントも増えてきており、そうした商品にはオルニチンを単独で配合するのではなくほかの有効成分と組み合わせて配合したものが多くなっています。これからはそうした複数の成分の効果を得られるタイプのサプリメントが主流となっていくと予想できます。

タウリンやスクワレンも

肝機能障害を予防したり改善したりする成分には、オルニチンのほかタウリンやスクワレンなどがあります。こうした成分をサプリで摂るのが肝機能障害の対策として役に立ちます。タウリンは牡蛎やイカ、タコなどに多い成分で、胆汁酸をスムーズに分泌させるという役割を持っています。この働きによってタウリンは肝臓の健康を守り、肝機能障害の進行を防ぐことができます。スクワレンはサメの肝油に含まれる不飽和脂肪酸です。スクワレンは肝臓に酸素を供給する働きをしています。酸素が豊富に供給されれば肝臓は活発に活動することができます。このように肝機能障害を改善するサプリの成分としては、タウリンやスクワレンがオルニチンと並んで人気となっています。

肝臓の機能回復

夫婦

肝機能障害は、日頃の食習慣がかなりの確率で関係しています。添加物の多いインスタント食品などは、特に肝臓に負担をかける食品です。肝機能障害を改善するためには、サプリメントなどを利用して肝機能を高めるのが一つの方法となります。

Read More